--/--/--(--)--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014/12/28(日)23:00
ストーブを集めようという気はないのですが

前回のストーブ購入からストーブに興味津々。

毎日ヤフオクをチェックしていたら

欲しい!と思えるストーブを発見。



似ていますがフジカではありません。



サンエム興業のエース型というストーブです。



養蚕用と書いてあるので蚕の飼育用ですかね(笑)

何が気に入ったかって





高さ40センチにも満たないコンパクトさです。

詳細は不明ですが1970年のストーブらしく





汚れ、サビがなかなかです。

肝心の芯は



炭化して先端が固くなっています。

ジャンクに近いストーブですが

自分で直してみようと買ったので

ストーブ修理初挑戦です。



まずは分解して芯出しの作業です。

手が灯油だらけになったので写真は撮れませんでしたが



5ミリほどの芯出しに成功。



ハサミで炭化した部分を切り取ります。

そういえば子供の頃親父がやっていたなぁ~

と妙に懐かしくなりました(笑)



下皿も外しピカールで全体を磨きます。

ワンカップ片手に磨くこと30分。





わかりづらいですが汚い感じはなくなりました。

そして火入れ。

素人作業なので安全の為に外で点火。



問題なく点火することができました。

ちょっと臭いが気になるのですが

昔のストーブってこんな感じかな?

いい勉強になりました☆
コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
http://kanegon830.blog.fc2.com/tb.php/584-ee688114
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック:
訪問者数

ようこそ!

人目のお客様です!!

リンク
ツイッター

 | Kanegon's DiaryTOPへ | 
Designed by DAIGO / Material by ARCHIMIX
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。